FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験対策実技編

介護福祉士受験対策情報

EPA、高校専門課程の皆さんは実技試験まであと2週間?

筆記の結果が届いた方もいるんでしょうか?

サクラ五分咲きになった方もいらっしゃるかと思います。

甘いもの食べて集中しましょう。
さくらもち

さて、実技試験。

ワタシが受験したのは第8回。

今でも覚えています。

「二度と受けたくない(笑)」

実技試験の内容は、実務者研修の介護過程Ⅲの総合演習と同等。

という事は、

ある事例に対して、

アセスメントを行い、
計画を立てて、
目標を設定し、
課題達成のために援助する。

という内容での実技となります。

「普段道理やれば大丈夫よ~♪」

とか言ってる人を相手にしちゃだめ。

普段通りの流れ作業
「いつもの生活のお手伝い」
をやってしまったら落ちます。

あとね

実技対策の教材DVD

要注意点とかいってんのが、結構的外れです。

HPの出題基準を確認しましょうね。


DVDなんかで、はじめに、
利用者の前で片膝をついて、
【アナタのナイトです】
的なご挨拶、まったく無駄です。

※利用者の健側に立ち、利用者が自分を認識できたと確認してから「こんにちは〇〇です」と声をかける。

・片麻痺の場合、半側空間無視がある場合が多い。
・同じく、患側の聴力が弱い場合が多い。
・高齢者の場合、視力が弱い場合が多い。
・同じく、難聴である可能性が高い。
という理由です。

丁寧に。。。というだけの問題ではありません。

名字で呼ぶ。

これも誤解が多い。

失礼だから。
で終わる解説者は、無能。

性別に関係なく、人生において、下の名前で呼ばれる機会より、姓で呼ばれる機会のほうが圧倒的に多い生活を送ってきているのが一般的。

男性であれば、平社員時代は名字で呼ばれ、昇進するごとに役職名で呼ばれる。
よほどの名物教師でもなければ、ニックネームで呼ばれることはなかったことでしょう。

女性であれば、「〇〇ちゃんのお母さん」と呼ばれる時期が一番長かったのではないでしょうか。

そのほかには「屋号」で呼ばれるという事もあったかもしれません。

名で呼ばれる生活は、ごく若い時期に限定されていたという事を勘案して、一番無難な呼び方が姓であるという流れからの基準です。

他にも

麻痺側の保護・・・採点者とモデルは違います。モデルが安全そうに見えても、採点者がそう感じない場合もあります。
※重要なのは、膝折れ予防と患側に立ち、店頭を予防する事。

自立支援・・・車いすのフットサポートに足を乗せる場合でも、健側の手で膝裏から足を持ち上げてもらい、補助する。

自己決定・・・衣類などの選択では、目の前に説明込みで提示し、複数を少し離して視界に並べる。モデルが指さすか、視線を送ることで選択できる環境を作ります。

健康状態の確認・・・口頭での体調確認、目視で皮膚の状態を確認した場合は、その旨を説明する。
※「皮膚にも赤身などの以上はないようですね」など

室内環境・・・「寒くないですか?」でOK。モデルは「はい」かうなずくしかできません。「大丈夫」と言わせる誘導尋問をしましょう。

制限時間(5分)以内に、採点項目がチェックされれば時間内に終わったとみなされます。
【安全】の項目があれば、移動の目標地点に到着し、椅子に移るための説明をした時点で採点箇所です。
よく「時間内に終わらなかったのに合格した」という声が上がるのは、「終わりました」の宣言をするまで時間をカウントされていると思っているから。

落とすための試験ではないのです。

家族が行っていた介護を肩代わりすることで料金を徴収する。

介護サービスは客商売なのです!

利用料金に満足できるような介護サービス、心がけてますか?

Facebookページもよろしくね!。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

盛雄一喜

Author:盛雄一喜
立派な事は云いません
感心な事も出来ません

ただぐだぐだします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。