FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護福祉士受験対策 本編6

介護福祉士受験対策情報 介護過程

必要な知識は

国語力

道徳認識力

そして、

文章読解力

第28回問題
第27回問題
第26回問題

介護過程

事例問題が出ます

事例を読んで、頭の中で状況を整理し、
たつもりで問題を読んでたら、わかんなくなったので、また事例を最初から読む。
という流れが、時間を取られてしまう原因。

落ち着いて問題を解くコツ

① 事例の読点ふたつ目までを読む
② 設問を読む
③ 事例に戻り、読みながら消去法
④ 事例を読み終わるころに答えは出る。


たとえば去年の問題

次の事例を読んで,問題 67,問題 68 について答えなさい。
〔事 例〕
 Fさん(70 歳,男性,要介護 1 )は,認知症(dementia)を患う母と二人暮らしである。左片麻痺があり,杖があれば一人で歩行できる。現在は,小規模多機能型居宅介護を利用して在宅生活を送っている。昔から買物が好きで,今でも天気の良い日には,一人で杖
をついて買物に出かけていく。
 Fさんの小規模多機能型居宅介護における介護計画の長期目標は「安全に買物に出かける」,短期目標は「転倒しない」で,支援内容には「事業所内で手すりを使って起立訓練と歩行訓練を行う」と設定されて,順調に実施されている。
最近,近所の人から,Fさんがスーパーに向かう途中にある階段が上り切れず,よろけたり,困っている姿を見かけたという情報がたびたび聞かれるようになった。この件をG介護福祉職がFさんに確認すると,Fさんは「足元が少し不安なところがありますが,大丈夫です。いつもありがとうございます」と言い,目に涙を浮かべた。


問題 67 Fさんの介護計画の評価に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 近所の人からの情報は,評価には不要である。

2 「安全に買物に出かける」という目標は達成した。

3 手すりを使った起立訓練と歩行訓練を見直す必要がある。

4 事業所内での訓練は順調なので,このまま継続する。

5 Fさんの発言から満足していると評価した。


問題 68 Fさんの状況を受けて,関係職員が集まり,カンファレンス(conference)を開催することになった。
このカンファレンス(conference)に参加したG介護福祉職の発言に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 Fさんの日頃の移動の様子について,具体的に説明した。

2 Fさんが感情的になるので,気持ちは聞かないようにしていると説明した。

3 介護保険を使って通所リハビリテーションを併用することを提案した。

4 スーパーに向かうときの様子は多くの情報があるので,Fさんにはそれ以上尋ねる必要がないと説明した。

5 母親の支援について,話し合うことを提案した。






Fさんが要介護1、同居の母親が認知症。杖歩行で介護サービス利用中。


問67 事例関係なく、【介護過程の展開】を踏まえて、1,2,4,5は責任感の全くない判断であるため、不適切。
問68 2,4は無責任(以下略)。3,5は【小規模多機能型居宅介護】事業所の責任で提案するべきであるかが疑問。


問67は、答えが出ちゃったので、カンファレンスに参加して報告をする小規模多機能型居宅介護事業所の説明として、1が正解であるかの確認のため、事例を読む。


近所の人からの情報で、外出時に階段を上がり切れなかった。
事業所での平面での手すりを使った起立、歩行訓練はFさんの在宅生活の維持向上に適していないことに気付く。
【自宅や外出先に存在しないもので行うリハビリは、事業所の自己満足である】

という感じで、ほかの専門職、担当者が知らない情報を共有するのがカンファレンスですよ。という問題です。

試験の最後の総合問題は、こんな感じで4事例各3問、計12問出題されますが、

【問題を読んでから事例を読む】

ができれば、さして時間のかかる問題ではありません。

まず落ち着こう。

#介護福祉士 #受験対策 #介護 #福祉 #国家試験 #実際、見てる人はほとんどいない(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

盛雄一喜

Author:盛雄一喜
立派な事は云いません
感心な事も出来ません

ただぐだぐだします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。