FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護福祉士受験対策情報

再開のご挨拶

前回の投稿を区切りにフェイスブックページで情報発信しておりましたが、お客様より、
「FBやってねぇからブログ再開しろや」
と、温かいお言葉をいただき、再開の運びとなりました。

お呼ばれ講師として、岩手県内各地にお招きいただき、【介護の○○について】お話しさせていただいておりますが、主催者様にお願いが一つ。
「本日の講師は○○について、独自の理論で新しいケア体制を提唱し・・・」
って紹介するのやめてくれ。
新しくもないし、独自でもない。みんなが気づいていない足元に光を向けているだけでございます。


さて、介護福祉士国家試験まで3か月を切りました。
書店では受験対策本で大賑わい。某出版社ではいったい何種類出せば気が済むのでしょうか。全部買えば受験料をはるかに超える出費です。
すでに介護職員実務者研修を修了した方々が受験を控えております。

その教科書、まだ持ってます?

捨ててない?

ならよし。それを使って受験勉強しておきましょう。

介護福祉士国家試験(筆記)、出題範囲も出題数も決まっております。
教科書を読んで、過去問を解いて、当たった間違ったもよいけれど、なぜこれが正解なのか、この選択肢のどこが間違っているのかを考える。そのためには、

出題基準を教科書から探す。

のが得策ではないでしょうか?

ということで、
領域【人間と社会】

領域、人間と社会

『人間の尊厳と自立』から2問、『人間関係とコミュニケーション』から2問出題されます。
たった2問!こりゃ大変だ!!
というほどではございません。

人間の尊厳と自立は、介護の基本と合わせて1問以上の正解、人間関係とコミュニケーションは、コミュニケーション技術と合わせて1問以上の正解で合格基準をクリアできます。


5つの選択肢のうち、4つは間違い。文章のどこが間違っているかを探す必要があります。

ザ、言葉狩り

実務者研修テキストは、厚生労働省の指針に基づいて各出版社が作成しています。どこの教科書でも内容はほぼ同じ。基礎研修修了者も似たような教科書をお持ちでしょうが、カリキュラムがちょっと変わっているので、準備したほうが良いでしょう。

「お金もったいない!」という方、出題基準をメモって書店へGO!

出題基準
大項目・・・大見出し(第1章とか)
中項目・・・小見出し(第1節とか)
小項目・・・赤字とか太字とか

今の教科書、EPA受験者のために、病名は英語併記され、一般的ではない単語には振り仮名がふってあります。その中から

「人間」の多面的理解
人間の尊厳
自立・自律
権利擁護・アドボカシー
人権尊重
身体的・精神的・社会的な自立支援

を探す。
意味を理解する
自分の言葉で説明してみる。

ということで、【覚える】から【理解する】に変わります。

まずは、読書から!

そして詳細は振興・試験センター
社会福祉振興・試験センター 介護福祉士出題基準
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

盛雄一喜

Author:盛雄一喜
立派な事は云いません
感心な事も出来ません

ただぐだぐだします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。