スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏中疑氷(まぁ心が狭い人ほど視野も狭いという事でしょうか)

やっぱ中古ポメラ君は中古であった

角度によって画面のちらつきがチョー気になる

定価の6分の1価格なら我慢できる範囲だが

辞書も入ってない旧タイプだし、方向性がまとまるようだったら買い換えよう

さて、会いたい人とそうじゃない人が渦巻く場に出向くまで後一週間

論文は間に合わなかった

さらにオリジナル講座の依頼が締めきりと一緒にやってきた(笑)

何があっても全部を人の生にできる人が今更うらやましくなってきてしまう


しかし


A「従業員は労働を会社に買い取って貰う雇用契約を結んでいます。無償残業は個人の生産能力を無視する悪しき風習だと思うので、私は定時に帰ります。」

B「従業員は企業を支える戦士です。終業時刻になろうと、自分だけでなく、周りの人々が納得できる結果を出せるまで退社しようと言う考えはおきません。」

など

従業者のみなさんの考えは様々です

さて

「あなたはどう思いますか?」

と、尋ねられたとき、どう返事をすればよいでしょう

非常に悩みます

自分の過去を振り返れば

「自分の仕事が終わらなくて帰れなかった」

のが殆ど

人のせいではない

時間内に仕事を終わらせるのが雇用契約上の約束




昨今、毎度ながら「キビシい!」と言われる介護業界

給料安いと言われ

体力持たないと言われ

種類が大変だと言われ



おいちょっとまて

あなたは履歴書になんと書きました?

事業者に履歴書を提出すると言うことは

「わたしはあなたの会社で働き、給与をいただく能力を持ち合わせています」

と、宣言していることになります

国家資格者でなくても終業できる業務である以上、破格の給与体系を考えるのはお門違いです

いますぐ医大に入学しましょう

また

スタッフ「おもってたのと違う」

スタッフ「こんなにきついのがわかってたらやらなかった」

など、後から文句を言うのであれば


雇用主「思ってた人と違う」

雇用主「こんなに能力が低いのがわかってたら雇わなかった」

など、向こうからの文句も受け止めましょう



仕事が終わらない理由は


突発的な業務以外での日常業務で

行き当たりばったりに作業をこなし

PCに向かって初めて記録する文章を考え始める


ではないですか?

わざとですか?


一般企業とかだったら即、雇用契約解除です

介護をしながらどう表現すれば伝わるかを考えるのが普通です


体がきつい?

介護業務

早番、遅番、日勤、夜勤など、体に変調をきたすおそれもあります

でも、できるって履歴書だしたんだから、そこは自己調整でしょう

腰に負担?

腰に負担がかかるような動作をしているのですか?

へたくそですね

利用者の体にも負担がかかってますよ?

夜勤に何かがあるかも?

何かがある可能性があるからあなたに給与を支払って「夜」に「勤」務してもらっています

まぁ、体に負担がかからない技術として・・・


是非わたしの介護技術講座にご参加ください

盛岡では11月、北上市でも年明けに予定しています



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

盛雄一喜

Author:盛雄一喜
立派な事は云いません
感心な事も出来ません

ただぐだぐだします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。